2011年06月24日

Copland【コープランド】

【種別】オペレーティングシステム(デスクトップオペレーティングシステム)
【開発・提供】Apple Computer(アップルコンピュータ)

Created Date: 11/06/24
Modified Date:
【解説】
米Apple Computerによって1990年代に開発が行われていた、Macintoshコンピュータを対象プラットフォームとしたデスクトップオペレーティングシステム、及びその開発プロジェクト名(コードネーム)。「System 7」の後継を担う次世代オペレーティングシステムとしてプリエンプティブなマルチタスクやメモリ保護機能等を実装し、Microsoftによる「Windows NT」「Windows 95」等に対抗し得るモダンOSとして開発が進められていた。

前記のようなモダンOSとしてのアーキテクチャを実現しつつ、マルチユーザシステムの実装、及び旧版とのオペレーティングシステム、アプリケーションレベルでの互換性の維持等を目指した「Copland」は、1994年3月のPower Mac発表時に開発がアナウンスされ、翌年に開催された世界開発者会議「WWDC 1995(Worldwide Developers Conference 1995)」においては、実際に動作する版(プレリリースビルド)がデベロッパに向けてプレビューされた。

しかしながら、多くの改善を一度に実現しようとした同オペレーティングシステムの開発は困難を極め、遂には1996年、そのプロジェクト自体が凍結を余儀なくされる事となる。

成果物の部分的な実装とMac OS Xへの道程

このように、志半ばにしてプロジェクトを凍結せざるを得なかった「Copland」ではあるが、フォルダアイコンを含む各種デスクトップコンポーネントのリデザイン、プラチナアピアランスやフォルダナビゲーション、ポップアップフォルダの導入等、インターフェイス関連の成果物の一部等は、1997年9月にリリースされた「Mac OS 8(Tempo)」においてユーザの元へと届けられる事となる。また、同バージョンでは「Finder」においてマルチスレッドアーキテクチャに対応する等、ベースアーキテクチャの一部にも変更が加えられ、モダンOSとしての再設計は先送りにされたものの、一定の成果をユーザに齎すに至った。

そして、次世代オペレーティングシステムの自社開発に一定の区切りをつけたAppleは、1996年12月に共同設立者の一人でもあるSteve Jobs(スティーブ・ジョブズ)が率いるNeXT Software社を買収。Machカーネルを採用し、NEXTSTEP/OPENSTEPをベースとした「Rhapsody」から「Mac OS X」へ、モダンOSへの道を切り開く事となる。

タグ:apple
posted by Flipper at 00:11 | 【C】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。