2008年01月08日

VMware Importer【ヴイエムウェアインポータ】

【種別】アプリケーション(仮想マシンコンバータ、マイグレーションツール)
【開発・提供】VMware(ヴイエムウェア)
【対応プラットフォーム】Mac OS X

Created Date: 08/01/08
Modified Date: 09/01/10
VMware Importer 1.0 Beta 1
↑「VMware Importer 1.0 Beta 1 Build 62806」におけるParallels仮想マシンのコンバート(クリックで拡大)

【解説】
米EMC傘下のVMwareより開発、提供等が行われているMac OS Xベースの仮想マシンコンバータ。Parallels仮想マシン(Parallels Desktop for Mac)を「VMware Fusion」にて利用可能とすべくしたマイグレーションツールとして、米国時間2007年11月12日(「VMware Fusion 1.1 Build 62573」リリースと同日)よりテストリリースが開始され、翌2008年1月10日付にてリリースされた「Beta 2 Build 70999」より、新たに「Microsoft Virtual PC 7 for Mac」仮想マシンに対応する事となる(当初より日本語リソースが含まれた形で提供されている)。

「VMware Fusion 2.0」のテストリリースが開始されて以降は、同仮想化ソフトウェアに組み込まれる形にてテストが継続され(機能の一部として「File(ファイル)」>「Import...(インポート...)」より呼び出し可能)、米国時間2008年5月5日付にてリリースされた「VMware Fusion 2.0 Beta 1 Build 89933」より「Boot Camp」パーティションにインストールされたWindowsをVMware仮想マシンとしてマイグレート可能としている。

その後、同年9月15日(米国時間)付にてリリースされた「VMware Fusion 2.0 Build 116369」に統合される形にてGAリリースを迎えると共に、単体アプリケーション(Beta版)としての提供も終了される事となる。

コンバートはソース仮想マシンの停止時(ゲストOS非起動時)に行う必要があり、ライブマイグレーションには非対応。変換時に仮想ディスク(vmdk)に対して指定可能なディスクオプションとして「Allocate all disk space now(すべてのディスク領域を今すぐ割り当てる)」「Split disk into 2GB files(ディスクを2GBファイルに分割)」が用意されている。尚、移行プロセスは非破壊的に実行されるため、ソースマシンに影響を及ぼす事はない(改変が加えられる事はない)。

タグ:VMware
posted by Flipper at 19:17 | 【V】