GUID Partition Table【ジーユーアイディーパーティションテーブル】

【属性】Partition Type

Created Date:07/01/03
Modified Date:
【解説】
MacintoshコンピュータにおけるIntelプロセッサへの移行に伴い、Mac OS Xにおいて新たに採用されたパーティション形式。GUIDとは「Globally Unique Identifier」の略称で、Uniqueとの呼称が示す通り、特定のアルゴリズムによって算出される一意な識別子を指している。そして「IA-64 (Intel Architecture 64)」をサポートするハードウェア用途に「EFI(Extensible Firmware Interface)」と共にIntelによって主導、推進されたのが、GUIDの特性をパーティションテーブルに応用した「GUIDパーティションテーブル」となっており、前記の特性等に起因して、特定の中央集権的な環境を必要とする事なく、ローカルにおいて様々なデバイス、及びパーティション等を一意に識別可能としている(当該デバイスのインターフェイスを変更した際にも、オペレーティングシステムレベルでは同一のボリュームとして認識する事が可能)。

尚、 IntelベースMacintoshにおけるブートボリュームに対しては「GUIDパーティションテーブル」の適用が必須条件となっており、 Mac OS X for Intelは同パーティションテーブルが適用されたボリュームに対してのみインストール可能となっている。そして、「GUIDパーティションテーブル」の大きな特徴の一つとして第1セクタを敢えて未使用領域としている点が挙げられ、この仕組みによって「Master Boot Record(マスタブートレコード)」との共存を実現。Apple純正デュアルブート支援ツール「Boot Camp」における「Boot Camp Assistant」は、パーティション分割時に「Master Boot Record」領域を作成する事により、Mac OS XとWindowsのデュアルブートを実現している。また、パーティションデータ構造の整合性を高めるために、GPTヘッダとパーティションテーブルを「プライマリパーティションテーブル」(第2セクタ~)と「バックアップパーティションテーブル」(最後部)に格納する事によって一定レベルの冗長性も確保している。

各種アーキテクチャとの互換性は以下の通り。
  • IntelベースMacintosh(Mac OS X)……ボリュームへのアクセス(可)、ボリュームからの起動(可)
  • PowerPCベースMacintosh(Mac OS X)……ボリュームへのアクセス(可、Mac OS X 10.4 or Later)、ボリュームからの起動(否)
  • PC/AT互換機(Windows etc...)……ボリュームへのアクセス(否)、ボリュームからの起動(否)



この記事へのトラックバック